LunaTone、ADMIとアフリカ大陸の デジタルコンテンツビジネスにおける 人材育成のためのパートナーシップMOUを締結

LunaTone Inc.(本社:東京都港区六本木、CEO:ヒョン・バロ、以下、LunaTone)は、 東アフリカを拠点に多様なデジタルメディア制作に関するカリキュラムを提供している教育団体であるAFRICA DIGITAL MEDIA INSTITUTE(本社:ケニア共和国ナイロビ、Principal and Head of School:Peter Wairagu、以下、ADMI)と、アフリカ大陸内のゲーム・eスポーツ・メタバースのようなデジタルコンテンツビジネスにおける人材育成のためのパートナーシップ協力覚書(Memorandum Of Understanding、以下、MOU )を締結しました。

世界的にデジタル人材の獲得競争が激しくなっていく中で、日本は少子高齢化による人材不足の課題に直面しています。財務省によると2065年までに65歳以上の人口は、ほぼ横ばいで推移する一方で、20歳~64歳の人口は、大幅に減少し、高齢化率は約10%程度上昇することが見込まれています(※1)。一方でアフリカ大陸の人口は世界で一番若い(中央値19.7歳)反面、高い失業率で若い世代が将来に向けて活躍できる場が圧倒的に足りていない状況です。(2015年のAfrican Development Bank Groupの報告によると15-35歳の15%が安定的な雇用状況である。※2

※1 https://www.mof.go.jp/zaisei/reference/index.html
※2 https://www.afdb.org/fileadmin/uploads/afdb/Images/high_5s/Job_youth_Africa_Job_youth_Africa.pdf

近年アフリカ大陸内では、IT製品やスマートフォンなどの普及により、ゲームのようなコンテンツを楽しむ層が増加し、今後さらにゲーム関連市場の成長が見込まれています。しかし、アフリカ大陸内で普及しているゲームやコンテンツの多くは海外が主であり、さらにコンテンツを制作する人材も乏しく、アフリカ大陸内独自のコンテンツはまだまだ少ない状況です。

こうした背景をもとに、LunaToneとADMIはMOUを締結し、コンテンツ制作における専門技術や知見、インフラを持つ日本企業とADMIを繋げ、アフリカ独自のゲーム・eスポーツ・メタバースにおけるデジタルコンテンツビジネスに関する人材育成プログラムを開始します。主なプログラムは、「マスタークラスの開講」、「能力構築の支援」、「アフリカタレントへのアウトソーシング支援」です。

マスタークラスの開講
ADMIの在校生、教師、アルムナイメンバーを対象に、日本のコンテンツ企業による講義、ワークショップなどを実施

●能力構築の支援
アフリカ人材のスキルアップのために、デジタルコンテンツビジネスに関するピッチコンテスト、メンタリングの形式で日本企業との連携を実施。

●アフリカタレントへのアウトソーシングの支援
日本のコンテンツ企業から、必要な人材や人手が足りていない作業をアフリカへアウトソーシングできるように信頼と運営方法の構築を実施。

将来的には、人材育成・タレントマッチングのプラットフォームの提供を予定しています。

ADMIの ChairmanであるDr. Laila Macharia氏は、次のように述べています。

「世界の技術者の不足は2030年までに8500万人に達すると推定され、日本は少子高齢化による労働力の減少により人材不足に直面しています。一方、多くのアフリカ諸国は失業問題に直面しています。的を絞ったスキルとサポートがあれば、アフリカの若者は世界的な才能のギャップを埋めることができると私たちは信じています。」

本プログラムにより、アフリカ大陸内のコンテンツ制作の担い手・キャリアパスの増加、ひいてはアフリカ大陸内のゲーム関連市場の開拓・成長に繋がると考えています。また、日本企業にとっては、アフリカ市場への足がかりや、日本の人材不足課題におけるアフリカの優秀な人材・成長企業へのリーチが可能となります。LunaToneは、ゲーム・eスポーツ・メタバースビジネスにおける専門かつ幅広い知見を活用し、日本企業、アフリカ大陸内、両者の成長を加速させるプログラムの提供を行っていきます。

 

■LunaTone Inc.について

LunaToneは、“Borderless Corporate Play(企業の遊び心をボーダーレスに)”をコンセプトに、ゲーム、eスポーツ、メタバースなどのデジタルコンテンツ分野に特化したゲーミングエージェンシーです。コミュニティ主導のビジネスエコシステムが主流になる時代に向けて、コンテンツIPやブランドビジネスのストーリー性や顧客への訴求力を活かし、非コンテンツ企業・団体が「面白くなる」ことを支援すると共に、地域・業界・世代の枠を超えるための様々なSaaSソリューションを提供しています。https://lunatoneinc.jp/

■AFRICA DIGITAL MEDIA INSTITUTE(ADMI)について

ADMIは革新的な学習と仕事のキャリアアクセラレーターであり、若いクリエイターが情熱を職業に変えるために必要なトレーニング、メンターシップ、およびリソースを提供しています。 ADMIのビジョンは、利益と影響力のためにクリエイティブなコンテンツを世界と共有する何百万ものアフリカのデジタル専門家や起業家を生み出すことです。https://admi.ac.ke/ 

PR TIMESの記事はこちら

LunaTone、コンテンツ2次利用の 海外・異業種コラボレーションに特化した 会員制プラットフォーム「LUDUS」の事前受付登録を開始

LunaTone Inc.(本社:東京都港区六本木、CEO:ヒョン・バロ、以下、LunaTone)は、コンテンツIP・施設・ブランド・プロダクト・サービスなどのビジネスにおける2次利用に特化した、BtoB会員制プラットフォーム「LUDUS(読:ルードゥス)」の事前受付登録を開始しました。

新型コロナウイルスの影響による巣篭もり需要により、ゲーム関連市場は大きく成長しており、特にZ世代向けの有効な広告プロモーション媒体としてアパレルやハイブランドとゲームのコラボレーションなど、ゲーム以外の業界も市場に参入し盛り上がりを見せています。そして、eスポーツではスポンサーや施設、メタバースではコンテンツプロバイダーなど、サービスの拡充や新規事業の立ち上げに異業種との連携は必要不可欠な要素となっています。

しかし、市場に参入をしたり、コラボレーションを行う非コンテンツ企業がいる一方で、海外企業や異業種間のコラボレーションに関心があるものの、ハードルを感じてしまう企業・担当者が多いのが現状です。例えば、「自社が持つリソースをどのように活用できるかわからない」、「コンテンツや企画はあるがプロジェクトまで進めることができない」、「異業種同士の場合、商習慣の違いからプロジェクトを進めるのに時間がかかってしまう」、「海外企業とはプロセスの違いでプロジェクトが立ち上がらない」、などの課題を抱えています。

LUDUSではコンテンツIP・施設・ブランド・プロダクト・サービスなど、自社が持つリソースを提供したい企業、リソースを活用したコラボレーションを検討したい企業がそれぞれプラットフォームに会員登録を行います。会員はLUDUSのマーケットプレイスにコラボレーションの情報を登録するだけでなく、他社が登録した情報も検索をすることができるため、新たな取引パイプラインを積極的に増やすことが期待できます。また、興味を持った情報があれば担当者に直接接触し、コミュニケーションを取ることが可能です。さらに、異業種間、海外企業であっても、LUDUS上の共通のワークフローを活用することで、具体的なコラボレーション立案や契約に向けた準備などを効率的に進めることができます。

LunaToneのCEOのヒョン・バロは、次のようにコメントしています。

「日本企業・自治体などが持っている各種リソースをコンテンツ業界と連携し、2次利用することで新たな付加価値・プロモーション・新収益源確保だけではなく、より面白い取り組みやこれまでにないコラボレーションが生まれ、さらに市場が盛り上がることを期待しています。」

本プラットフォームのサービス開始は今年中を予定しており、現在事前登録を受付中です。事前登録を行ったユーザーには、公開までの最新情報の配信、Closed Beta版への参加機会などが付与されます。

LunaToneは、「LUDUS」を通してコラボレーションを行うハードルを取り除きビジネスをスピーディーに進めることを可能にするだけでなく、今まで接点のなかった業界や海外の企業からのアプローチにより、自社が持つリソースの活用範囲の拡大や新規ビジネス創出の実現に寄与していきます。

サービスの詳細及び事前登録方法については、以下のLPサイトから観覧可能です。

https://ludusip.jp/

PR TIMESの記事はこちら